投稿論文

アーカイブス
Vol.12–14 に掲載された論文はこちら
Vol.15–17 に掲載された論文はこちら
Vol.18–20 に掲載された論文はこちら



Study of relationships between blood concentration in raw milk and milk quality and herd performance measures

Kenji Nekomoto1, Asuka Komiya1, Yui Sasajima1, Fuka Yasuda1, Takashi Sugawara2, Noriyuki Shinomiya2, Tomohisa Tamura2
1) College of Agriculture, Food and Environment Sciences, Rakuno Gakuen University,Bunkyodai, Ebetsu, Hokkaido, 069-8501
2) Tokachi-Foundation, Obihiro, Hokkaido, 069-8501

Abstract
Previous methods for detecting blood in milk, including visual inspection and high-speed centrifugation, can only determine the presence or absence of blood in milk. However, inspection using a simple measurement device developed by Tokachi Zaidan enables quantification of blood in raw milk even at concentrations below the visual detection limit (0.01%). In this study, we used this device to determine the frequency of blood in the ordinary milk of individual cows and, based on herd performance, we investigated the relationships between blood concentration in milk and physiological factors such as month-age and breeding performance as well as the quantity and quality of milk. In total, 197 milk samples from individual cows were provided by two dairy farms (A and B) and analyzed in this study. Mean blood concentrations in milk (± standard deviation) were 0.0017±0.0009% (n = 57) for Farm A and 0.0026±0.0008% (n = 140) for Farm B. In both cases, the concentrations were substantially below the visual detection limit (0.01%). For both dairy farms (A and B), the blood concentration in milk tended to be higher for individuals with higher month-ages and calving numbers. On Farm B, the blood concentration in milk tended to be higher for individuals with a greater number of days after calving (i.e., individuals with lower breeding performance) and higher somatic cell counts in milk resulting from longer lactation periods. Nevertheless, in all cases, mean blood concentrations in ordinary milk were on the order of one-fifth the visual detection limit (0.01%) and were in a range that was not considered problematic.

Keywords: blood in milk, milk quality, herd performance, somatic cell, dairy farm

Receipt of Ms: 10.09.2021. Accepted: 10.11.2021.
Journal of Animal Production Environment Science
PDFDownload PDF


オルソ剤と飽和水酸化カルシウム水溶液の相乗効果による Cryptosporidium parvum オーシストの不活化

松原立真1・村越ふみ2・多田千佳・福田康弘・中井裕3
東北大学大学院農学研究科動物環境システム学分野、
宮城県大崎市鳴子温泉 複合生態フィールド教育研究センター 〒989-6711
1 現:ベルン大学、Hochschulstrasse Bern Switzerland 〒3000-3030
2 現:京都府立医科大学、京都府京都市上京区 〒602−8566
3 現:新潟食料農業大学、新潟県胎内市平根台 〒959-2702

要約
クリプトスポリジウム症は下痢を主徴とする人獣共通感染症で、家畜の生産性の低下や水系汚染による家畜およびヒトの集団感染を引き起こす。本原虫のオーシストは様々な消毒剤に対する抵抗性をもつため、効果的な消毒方法の開発が望まれている。本研究では、オルソ剤を消石灰液(飽和水酸化カルシウム水溶液)で希釈してオーシストに感作させたところ、純水の希釈よりも有意に高いオーシスト不活化能が得られた。また消石灰液で希釈したオルソ剤では、低薬剤濃度でも全オーシストの不活化が観察された。畜産現場で広く使用されている消石灰液を希釈に用いることは、オルソ剤のオーシスト不活化能を維持しつつ経済性を向上させる新たな技術になる。

キーワード: クリプトスポリジウム、水酸化カルシウム、消石灰液、オルソ剤

受領日:03.07.2021. 受理日:15.09.2021.
日本畜産環境学会誌
PDFDownload PDF


黒毛和種繁殖牛における飼養環境と血液生化学検査値、ボディ・コンディション・スコアおよび体重との関連性

渡邉貴之1・小西一之2
1 独立行政法人家畜改良センター鳥取牧場、鳥取県東伯郡琴浦町 689-2511
 現:静岡県立農林環境専門職大学短期大学部、静岡県磐田市富丘678-1 438-8577
2 前:独立行政法人家畜改良センター鳥取牧場、鳥取県東伯郡琴浦町 689-2511

要約
舎飼いと放牧 (冬期放牧を含む) における黒毛和種繁殖牛の血液生化学検査値、ボディ・コンディション・スコア (以下、BCS)および体重の関連性を調査するため、2 頭の黒毛和種繁殖牛について約3年半にわたり毎月採血し、血液生化学検査値、BCS (体表および骨盤腔 BCS)および体重を調査した。冬季 (立ち枯れススキ草地)放牧期間は舎飼い期間に比べ、血中尿素窒素 (以下、BUN)、β-ヒドロキシ酪酸(以下、BHB)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ (以下、AST)、各 BCS および体重の低下やアルブミン (以下、Alb)、総コレステロール、遊離脂肪酸 (以下、FFA)の上昇がみられた。また、立ち枯れススキ草地への放牧直後に乳酸 (以下、LA)が一時的に高値になる傾向がみられた。各項目の標準範囲と比較した結果、舎飼い時期および混播牧草放牧地での放牧期間においては BUN の高値に伴い AST が高くなったが、立ち枯れススキ草地放牧期間は標準範囲内に収まる項目が多かった。このことから、立ち枯れススキ草地放牧期間においてはややエネルギー摂取不足であったものの、肝機能に悪影響を及ぼすほどのものではなく、この程度のエネルギー摂取不足は問題なかったと考えられた。血液生化学検査値、BCS および体重のうち、全調査期間を対象にして変動係数が比較的大きかった項目は、LA および FFA であった。供試した2個体において血液生化学検査値、BCS および体重相互の相関分析を行った結果、両牛ともに中程度以上の有意な相関関係がみられた項目は、以下の通りであった。BHB は Alb と負の相関がみられ、BUN、AST およびアセト酢酸と正の相関がみられた。FFA は AST およびルーメンフィルスコアと負の相関がみられた。体重は AST および各 BCS と正の相関がみられた。以上のことから、黒毛和種繁殖牛における血液生化学検査項目は飼養環境に伴い大きく変動するが、各血液生化学検査項目や体重、BCS は相互に連動していると考えられた。

キーワード: 黒毛和種繁殖牛、飼養環境の変化、血液生化学検査、ボディ・コンディション・スコア

受領日:26.05.2021. 受理日:17.08.2021.
日本畜産環境学会誌
PDFDownload PDF


Copyright (C) The Animal Production Environment Society Japan All Rights Reserved.