投稿論文

アーカイブス
Vol.12–14 に掲載された論文はこちら
Vol.15–17 に掲載された論文はこちら
Vol.18–20 に掲載された論文はこちら



哺乳子豚のふん量

祐森誠司1・押田敏雄2
1 静岡県立農林環境専門職大学、静岡県磐田市、〒438-8577
2 麻布大学名誉教授、埼玉県さいたま市、〒331-0825

要約
これまで公表されることなく基礎的な値が知られてこなかった哺乳時のふん量を測定し、報告することを目的とした。静岡県富士宮市の養豚農場 S の協力の下、生後 8 日目と 9 日目の二元交雑種(YD)子豚 8 頭の 1 日当たりの全ふん量を 2 回測定した。ふんは、クリープフィーディング開始前で、母乳由来である。平均体重は 3.4 kgと健常な状態にあった子豚 8 頭の 1 日当たりのふん量は、全量で 20〜35g、平均 2.5〜4.4g/頭/日であった。また、その水分含量は約 70%であった。

キーワード: 哺乳子豚、ふん量

受領日:18.08.2022. 受理日:23.09.2022.
日本畜産環境学会誌
PDFDownload PDF


Chemical composition, in vitro dry matter digestibility, and triterpenoid contents in Reishi (Ganoderma lingzhi) mushroom beds

Toshinori NAKAGAWA1, Keitaro YAMANE1, Renandini DANISTHA2, Naomichi TAKEMOTO2, Kuniyoshi SHIMIZU2
1 School of Environmental Science, University of Shiga Prefecture, Hikone, Shiga 522-8533
2 Faculty of Agriculture, Kyushu University, Fukuoka 819-0395

Abstract
Abstract This study considered the chemical composition, in vitro dry matter digestibility (IVDMD), and triterpenoid content in Reishi (Ganoderma lingzhi) mushroom beds (RMB). Crude protein, cellulose, and hemicellulose contents of RMB were 5.10, 44.97, and 3.76%, respectively. The IVDMD of RMB was 44.2%, which was a similar level to that of roughage such as rice straw. In addition, with antioxidant and anti-inflammatory activities, triterpenoids (ganoderic acid A, C2, C6, H, ganoderenic acid C, and D) remained in RMB. These results indicate that RMB can provide some nutrition and medicinal properties, and there is a possibility that it may be used as a feed resource.

Keywords: Chemical composition, Reishi (Ganoderma lingzhi) mushroom bed, in vitro dry matter digestibility, Triterpenoids

Receipt of Ms: 26.06. 2021. Accepted: 19.08.2022.
Journal of Animal Production Environment Science
PDFDownload PDF


養豚汚水浄化施設曝気槽における異常発泡と水質との関係

田中康男
一般財団法人畜産環境整備機構 畜産環境技術研究所、福島県西白河郡 〒961-8061

要約
養豚汚水浄化施設では活性汚泥法の曝気槽で発泡が異常に激しくなり、槽の上部から曝気液が周囲に越流し汚染するトラブルの生ずることがある。発泡を止めるには消泡剤の散布が有効であるが、管理者不在時や夜間に発泡が激化するような場合は防止が困難である。このため、どのような条件で発泡が強まるのかを検討するため AI 手法の一種である機械学習法で水質との関係について分析を行った。この結果、電気伝導率と水温が発泡に強く影響することが示唆された。

キーワード: 養豚汚水、活性汚泥法、浄化施設、異常発泡、機械学習

受領日:11.07.2022. 受理日:22.07.2022.
日本畜産環境学会誌
PDFDownload PDF


Study of relationships between blood concentration in raw milk and milk quality and herd performance measures

Kenji Nekomoto1, Asuka Komiya1, Yui Sasajima1, Fuka Yasuda1, Takashi Sugawara2, Noriyuki Shinomiya2, Tomohisa Tamura2
1 College of Agriculture, Food and Environment Sciences, Rakuno Gakuen University,Bunkyodai, Ebetsu, Hokkaido, 069-8501
2 Tokachi-Foundation, Obihiro, Hokkaido, 069-8501

Abstract
Previous methods for detecting blood in milk, including visual inspection and high-speed centrifugation, can only determine the presence or absence of blood in milk. However, inspection using a simple measurement device developed by Tokachi Zaidan enables quantification of blood in raw milk even at concentrations below the visual detection limit (0.01%). In this study, we used this device to determine the frequency of blood in the ordinary milk of individual cows and, based on herd performance, we investigated the relationships between blood concentration in milk and physiological factors such as month-age and breeding performance as well as the quantity and quality of milk. In total, 197 milk samples from individual cows were provided by two dairy farms (A and B) and analyzed in this study. Mean blood concentrations in milk (± standard deviation) were 0.0017±0.0009% (n = 57) for Farm A and 0.0026±0.0008% (n = 140) for Farm B. In both cases, the concentrations were substantially below the visual detection limit (0.01%). For both dairy farms (A and B), the blood concentration in milk tended to be higher for individuals with higher month-ages and calving numbers. On Farm B, the blood concentration in milk tended to be higher for individuals with a greater number of days after calving (i.e., individuals with lower breeding performance) and higher somatic cell counts in milk resulting from longer lactation periods. Nevertheless, in all cases, mean blood concentrations in ordinary milk were on the order of one-fifth the visual detection limit (0.01%) and were in a range that was not considered problematic.

Keywords: blood in milk, milk quality, herd performance, somatic cell, dairy farm

Receipt of Ms: 10.09.2021. Accepted: 10.11.2021.
Journal of Animal Production Environment Science No21 (1) pp46–53. 2022
PDFDownload PDF


パウチ法を用いてリンゴ酸添加でサイレージ調製した特定外来生物ウスゲオオバナミズキンバイ (Ludwigia grandiflora subsp. hexapetala) の発酵品質

山中麻帆1・奥美沙紀2・稗田真也3・小林大輝4・平山琢二1・野間直彦5・中川敏法5
1 石川県立大学、生物資源環境学部、石川県野々市市 〒921-8836
2 岐阜大学大学院 自然科学技術研究科、岐阜県岐阜市 〒501-1193
3 豊橋市自然史博物館、愛知県豊橋市 〒441-3147
4 滋賀県立大学大学院 環境科学研究科、滋賀県彦根市 〒522-8533
5 滋賀県立大学 環境科学部、滋賀県彦根市 〒522-8533

要約
本研究では、特定外来生物として駆除されたウスゲオオバナミズキンバイの飼料利用を目的とし、パウチ法により調製したウスゲオオバナミズキンバイのリンゴ酸添加サイレージの発酵特性について検討した。対照区(0%区)およびリンゴ酸を新鮮物重比で 0.4%、1.0%添加した区(0.4%区、1.0%区)の計 3 区を設け、室温で 2 週間貯蔵した。フリーク評点は 0%区(51.7)および 0.4%区(56.7)と比べて 1.0%区(73.7)で有意に高かった(P<0.05)。このことから、リンゴ酸を添加してパウチ法によりサイレージ調製したウスゲオオバナミズキンバイは、比較的良好な発酵品質を示し、飼料利用の可能性が示唆された。

キーワード: ウスゲオオバナミズキンバイ、リンゴ酸、パウチ法、サイレージ

受領日:29.11.2021. 受理日:12.01.2022.
日本畜産環境学会誌 No21 (1) pp39–45. 2022
PDFDownload PDF


オルソ剤と飽和水酸化カルシウム水溶液の相乗効果による Cryptosporidium parvum オーシストの不活化

松原立真1・村越ふみ2・多田千佳・福田康弘・中井裕3
東北大学大学院農学研究科動物環境システム学分野、
宮城県大崎市鳴子温泉 複合生態フィールド教育研究センター 〒989-6711
1 現:ベルン大学、Hochschulstrasse Bern Switzerland 〒3000-3030
2 現:京都府立医科大学、京都府京都市上京区 〒602−8566
3 現:新潟食料農業大学、新潟県胎内市平根台 〒959-2702

要約
クリプトスポリジウム症は下痢を主徴とする人獣共通感染症で、家畜の生産性の低下や水系汚染による家畜およびヒトの集団感染を引き起こす。本原虫のオーシストは様々な消毒剤に対する抵抗性をもつため、効果的な消毒方法の開発が望まれている。本研究では、オルソ剤を消石灰液(飽和水酸化カルシウム水溶液)で希釈してオーシストに感作させたところ、純水の希釈よりも有意に高いオーシスト不活化能が得られた。また消石灰液で希釈したオルソ剤では、低薬剤濃度でも全オーシストの不活化が観察された。畜産現場で広く使用されている消石灰液を希釈に用いることは、オルソ剤のオーシスト不活化能を維持しつつ経済性を向上させる新たな技術になる。

キーワード: クリプトスポリジウム、水酸化カルシウム、消石灰液、オルソ剤

受領日:03.07.2021. 受理日:15.09.2021.
日本畜産環境学会誌 No21 (1) pp32–38. 2022
PDFDownload PDF


黒毛和種繁殖牛における飼養環境と血液生化学検査値、ボディ・コンディション・スコアおよび体重との関連性

渡邉貴之1・小西一之2
1 独立行政法人家畜改良センター鳥取牧場、鳥取県東伯郡琴浦町 〒689-2511
 現:静岡県立農林環境専門職大学短期大学部、静岡県磐田市富丘678-1 〒438-8577
2 前:独立行政法人家畜改良センター鳥取牧場、鳥取県東伯郡琴浦町 〒689-2511

要約
舎飼いと放牧(冬期放牧を含む)における黒毛和種繁殖牛の血液生化学検査値、ボディ・コンディション・スコア(以下、BCS)および体重の関連性を調査するため、2 頭の黒毛和種繁殖牛について約3年半にわたり毎月採血し、血液生化学検査値、BCS(体表および骨盤腔 BCS)および体重を調査した。冬季(立ち枯れススキ草地)放牧期間は舎飼い期間に比べ、血中尿素窒素(以下、BUN)、β-ヒドロキシ酪酸(以下、BHB)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(以下、AST)、各 BCS および体重の低下やアルブミン(以下、Alb)、総コレステロール、遊離脂肪酸(以下、FFA)の上昇がみられた。また、立ち枯れススキ草地への放牧直後に乳酸(以下、LA)が一時的に高値になる傾向がみられた。各項目の標準範囲と比較した結果、舎飼い時期および混播牧草放牧地での放牧期間においては BUN の高値に伴い AST が高くなったが、立ち枯れススキ草地放牧期間は標準範囲内に収まる項目が多かった。このことから、立ち枯れススキ草地放牧期間においてはややエネルギー摂取不足であったものの、肝機能に悪影響を及ぼすほどのものではなく、この程度のエネルギー摂取不足は問題なかったと考えられた。血液生化学検査値、BCS および体重のうち、全調査期間を対象にして変動係数が比較的大きかった項目は、LA および FFA であった。供試した2個体において血液生化学検査値、BCS および体重相互の相関分析を行った結果、両牛ともに中程度以上の有意な相関関係がみられた項目は、以下の通りであった。BHB は Alb と負の相関がみられ、BUN、AST およびアセト酢酸と正の相関がみられた。FFA は AST およびルーメンフィルスコアと負の相関がみられた。体重は AST および各 BCS と正の相関がみられた。以上のことから、黒毛和種繁殖牛における血液生化学検査項目は飼養環境に伴い大きく変動するが、各血液生化学検査項目や体重、BCS は相互に連動していると考えられた。

キーワード: 黒毛和種繁殖牛、飼養環境の変化、血液生化学検査、ボディ・コンディション・スコア

受領日:26.05.2021. 受理日:17.08.2021.
日本畜産環境学会誌 No21 (1) pp21–31. 2022
PDFDownload PDF


Effect of fermented botanical product on weaning stress in piglets

Seizi Sukemori1, Takumi Suizu2, Hideto Torii2, Shinsuke Kishida2
1 Shizuoka Professional University of Agriculture, Iwata, Shizuoka, 438-8577
2 Manda Fermentation Co.Ltd., Onomichi, Hiroshima, 722-2102

Abstract
This study aimed to evaluate the effect of dietary supplementation with a fermented botanical product (FBP) on weaning stress in piglets. Effects were measured in terms of fecal consistency and cortisol levels in the coat as a marker of stress. Fecal consistency was observed daily in the afternoon and recorded on a 5-point scale and cortisol levels were determined at the following 3 times: on day 21, at the start of supplementation to assess change in the diet; on day 50, 1week after moving the piglets to the fattening pen, to assess adaptation to a new environment; and on day 81, the final day of experiment. No significant difference in fecal consistency scores were observed; however, an increase in wet and soft normal feces was noted in the experimental group, possibly due to the change in intestinal conditions induced by the FBP. The cortisol level in the coat of the experimental group continued to decrease during the period, while that of the control group leveled off. These findings suggest that the FBP contains useful fermented substances that directly and indirectly affect stress levels in piglets.

Keywords: ermented botanical product, intestinal health, cortisol level

Receipt of Ms: 14.12.2021. Accepted: 31.01.2022.
Journal of Animal Production Environment Science No21 (1) pp14–20. 2022
PDFDownload PDF


ワイン粕サイレージ由来乳酸菌含有飼料を与えた豚の排せつ物のたい肥化時に観察された臭気発生と発酵遅延

古屋元宏1・五味敬子2・乙黒美彩3・長田隆4
1 山梨県畜産酪農技術センター 山梨県中央市 〒409-3812
2 山梨県総合農業技術センター 山梨県甲斐市 〒400-0105
3 山梨大学ワイン科学研究センター 山梨県甲府市 〒400-0005
4 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 茨城県つくば市 〒305-0901
1 現:山梨県東部家畜保健衛生所 山梨県笛吹市 〒406-0034

要約
ワイン粕から分離した乳酸菌(LAB)含有飼料の給与が、豚排せつ物たい肥化時における発酵や臭気発生、温室効果ガス(GHG)インベントリに関与するアンモニア(NH3)排出係数に及ぼす影響を検討した。本研究では、2 通りの飼養形態を想定し、ふん尿混合(実験Ⅰ)とふん尿分離(実験Ⅱ)の条件で試験を行った。各試験において、飼料に LAB を 107 個/gFM 添加給与した試験区と無添加の対照区を設定し、両区の豚排せつ物を回収し、オガ屑で水分 60%としてたい肥化に供した。結果として、実験Ⅰは試験区の初期昇温が対照区に比べ緩慢だったものの、3 週から典型的な好気的発酵となり区間に差は見られなかった。一方、 実験Ⅱの試験区は原料ふん中の有機酸が生成され、臭気ガスとして揮発性脂肪酸(VFA)が持続的に発生し、遅れて18 週に発酵開始した。NH3 排出係数は、実験Ⅰで試験区が対照区よりやや低かったが、2015 年日本国 GHG インベントリ報告書(NIR)に示された排出係数より両区とも高かった。実験Ⅱは試験区が対照区より高かったが、NIR 基準と同程度であった。NH3 抑制には、ふん尿分離が重要であると再確認できたが、LAB 添加による臭気低減効果は確認できず、特にふんのみのたい肥化に利用した場合には有機酸生成にともなう pH 低下によって発酵遅延や VFA 発生を助長する結果となった。

キーワード: アンモニア、揮発性脂肪酸、豚排せつ物たい肥、乳酸菌、発酵遅延

受領日:30.09.2021. 受理日:20.01.2022.
日本畜産環境学会誌 No21 (1) pp1–13. 2022
PDFDownload PDF


Copyright (C) The Animal Production Environment Society Japan All Rights Reserved.